OKWAVE

トップ新たな家電、IoT家電について教えて!

暮らしを快適にする! つながる家電のQ&A特集

新たな家電、IoT家電について教えて!

最近、本や雑誌、新聞など至るところでIoT家電という言葉を見かけるようになりました。すべてIoT家電にする生活はまだまだ他人事かもしれませんが、一部の家電をIoTにすることは身近になってきています。

IoT家電ってなに?スマート家電とは何が違う?

今本屋にいってきましたが、IOTの本がたくさん置いてありました、最近テレビやら家電量販店やら、いろんなところに「IoT家電」「スマート家電」の宣伝が出回っていますよね。
そもそも、「IoT家電」、「スマート家電」って具体的にはどのようなことやモノを指すのでしょうか?両者の違いって何ですか?

スマート家電、簡単にいうと専用のアプリを使ってスマホで操作ができる生活家電のことを指しますが、場合によって、「暮らしをもっとスマート(smart)に快適にする家電」全般をスマート家電と指すこともあります。
一方、IoT家電ですが、まずIoTの定義が非常に明確で、「Internet of Things」の略で、モノのインターネット化のことを指します。簡単に言うと、あらゆる「もの」をインターネットに繋いで、様々なデータを収集、分析して、人々の生活をより良くしていく世界の事をいいます。それを理解できていれば、IoT×家電の意味もおわかりのはず、ネットに接続できる家電で、更に情報収集も出来て、分析やアドバイスまでできる家電のことです。

編集部コメント

IoTの家電をそろえるのは大変ですが、今手持ちの家電でも、赤外線などを使って操作できたりします。便利なだけでなく、生活スタイルも変わりますね。

【おススメ記事】
今使っている家電をスマホで操作する方法

今ある家電をIoT化にすることは可能でしょうか?

Google Homeを買ったので、いろいろと接続してみようと思ったのですが、残念ながら家にある家電たちはあまりスマートでなくつながりませんでした。 そのために最新家電を買うのも贅沢すぎることだし。。。。 既に持っている家電をIoT化にする方法ってあるのでしょうか?

僕もIoT家電やスマートホームって憧れますけど、そのために家電を全部買い替えるのも現実的ではないですよね。 色々調べたところ、IoT化手段、いくつかありましたので、あげておきますね:
・スマートリモコン「eRemote pro」
 コンセントに直差しして設置するスマートリモコンです。エアコン、テレビ、照明、オーディオなどの家電に付属する赤外線リモコンをeRemote proに学習させることで、どこからでもスマートフォンで自宅の家電を操作できるようになると言われています。

・貼り付け型IoT化装置「KlikR」
 赤外線受信端末の横にサイズ約3cm四方、重さ10グラムの機器を貼り付けるだけで、簡単に家電をスマホなどで操作できるようにしてくれます。

・その他、「REX-WFIREX2」などの製品もあるようですが、まだGoogle
Homeに対応していないようなので、(メーカーによると、順次連携していきますとあります。)省略~

編集部コメント

現在は様々なスマートスピーカーが出ています。値段やスペックも様々なので、よく比較しましょう。
迷ったら、あとはお好みで。よく使うサービスやメーカーのスマートスピーカーを利用すれば、接続や困ったときのお問合せも簡単になります。

【おススメ記事】
「囲んでつくる」新習慣。 これからのスピーカースタイル。

IoT家電にもセキュリティ対策が必要でしょうか?

ネットに接続することが前提となっているIoT家電ですが、よく考えたら、家の情報を随時ネットにアップしている状態でもありますよね、その安全性って大丈夫でしょうか?

いきなりハッカーに攻撃されたり、不正アクセスされたりしないのかとても不安です。
セキュリティー対策はやはり必要でしょうか?

インターネットに接続することが前提である場合、不正アクセスや情報漏洩などのセキュリティ面での危険性を十分に理解しておく必要がありますね。

まず、IoTデバイスがネット端末である以上、セキュリティ上の観点から認証機能が用意されていることが多い、メーカーの指示通りで、設定を行えば、一部不正侵入は防げるはず。

あと、IoT家電のソフトウェアを常に最新状態を保つこともセキュリティ上有効ですよ。
それでも不安であれば、家電をなるべく直接ネットに繋げることを避けて、ルーター経由でネットに接続するようにしてください。

編集部コメント

IoT化はいわばネット接続なので、パソコンやスマホと同様にインターネットセキュリティには気を付けましょう。
IoTデバイスの接続や設定に気をとられがちですが、セキュリティについても、家のネット環境が強固な設定になっているか改めて確認しましょう。

ページトップへ