誰にも言えないおしりの悩みQ&A-便失禁は治療できる病気です-

「気がついたら下着が汚れていた」、「便意を感じてからトイレまで間に合わなかった」という経験をされた方は、驚きショックを受け、にわかにはその事実が信じられなかったのではないでしょうか?
「便失禁」とは排便を十分にコントロールできていない状態で、国際失禁学会では「自らの意思に反して、社会的、衛生的に問題となる状況で、便が漏れる症状」と定義づけています。
また、20~65歳で310万人以上、65歳以上で135万人以上とも言われており、決してめずらしい症状ではないことがわかります。実際に、世界中でさまざまな研究が行われており、食事・生活・排便習慣の指導と共に、薬や医療機器の助けで多くの方に症状の改善が見られています。そこで今回は、便失禁の専門医である医療法人三慶会 指扇病院 味村俊樹先生からコメントをいただくと共に、OKWAVEに寄せられた便失禁に関するQ&Aを紹介する特別企画をご用意いたします。
まずは、3つのテーマに沿って便失禁について理解を深めていただき、そして、もし誰にも言えずに一人で悩んでいるのなら、ぜひ一度専門の病院でお医者さんへご相談ください。

「おしりの健康.jp」へ

おしりの悩みに関連したテーマ一覧

テーマ.1
便失禁とは?

~ Common & Treatable 便失禁は治療できる病気です

便失禁とは、自分の意思に反して便が肛門から漏れる症状です。疫学調査によると20~65歳で4%、65歳以上で7.5%の日本人が便失禁の症状があり、推計患者数500万人と決して珍しい症状ではありません(= Common)。
この便失禁は、社会的・衛生的・精神的な面で日常生活に大きな影響を・・・
≪続きを見る≫

「おしりの健康.jp」へ

OKWAVEに寄せられた便失禁に関するQ&A

テーマ.2
便失禁の原因は?

~ 多数あり、必ずしも一つではありません

便失禁の症状は、便意を感じてトイレまで急ぐけれども間に合わずに便が漏れてしまう「切迫性便失禁」と、便意を感じないのに知らないうちに便が漏れている「漏出性便失禁」の2つの症状に大きく分かれ、両方の症状がある場合は「混合性便失禁」と呼ばれます。この症状の見極めは、原因を推定して治療法を・・・
≪続きを見る≫

「おしりの健康.jp」へ

OKWAVEに寄せられた便失禁に関するQ&A

テーマ.3
便失禁は治る?

~ 様々な治療法で症状の改善が期待できます

便失禁の治療法には保存的療法と外科的療法があります。まずは体への負担が少ない保存的療法から行うのが一般的です。
保存的療法には、食事・生活・排便習慣指導、薬物療法、バイオフィードバック療法、アナルプラグ、逆行性洗腸法があります。直腸に便があっても・・・
≪続きを見る≫

「おしりの健康.jp」へ

OKWAVEに寄せられた便失禁に関するQ&A

※本ページの記載内容は、医師の診察に代わるものではありません。病状や治療に関しては、必ず主治医の診断を受けてください。