OKWAVE

1.健やかな爪を維持してジェルネイルを楽しむ方法

Q.ジェルネイルで爪が痛んでしまいました…

以前からジェルネイルに興味がありサロンでの施術経験もないまま自分で楽しんでいたんですが、最近自爪がかなり薄くペラペラな状態になってきてしまいました。その為すぐ亀裂が入ってしまい伸ばせず短いままです(;_:)

ジェルネイルの塗り替え頻度は2~3週間に1度で、ジェルネイルのセットを購入してから5~6回デザインチェンジしている状況です。主婦で水仕事も多い為か、いつも根元と爪先両方からリフトしてくるので、全てアセトンオフして最初からやり直す形をとっていました。

元々自爪が薄い方なのでジェルをのせる前に付ける傷は極力少なくしていたつもりだったんですが・・アセトンでもかなり爪にダメージを与えてしまう物なんでしょうか? これからもサロンに通うお金の余裕はないので自分で楽しみたいんですが、オフする時に注意する点やジェルをのせる前に注意する点など、何でも構いませんので極力爪にダメージを与えない方法やグッズなどがあれば教えて頂けると嬉しいです♪

また、今はプライマーを使用していないんですが(使用するとアセトンオフ時に時間がかかるんでは…?と思い)使用した方がいいんでしょうか?自爪がペラペラにならないように伸ばしてジェルをしたいのでアドバイスをお願いしますm(__)m
A.回答

アセトンは強力な溶剤ですから、爪の乾燥や黄ばみの原因となります。オフした後は必ず手を洗いクリームやオイルで保湿して下さい。なるべく肌や爪に触れる時間を短く回数を減らすのが理想です。全てオフせず伸びた部分だけを削ってお直しする方法(フィルイン)もあります。

プライマーを使うとしっかり定着し長持ちします(アセトンでのオフの回数が減る)のでその点はいいのですが、やはり爪へのダメージはあります。爪の痛みが酷い時は避けるか、酸の含まれないアシッドレスプライマーを使うのも手でしょう。

どのジェルをご使用なのかわかりませんが、一度でもいいのできちんとサロンで施術してもらい観察すると参考になりますよ。サンディングはやりすぎると本当に危険です。あまりに自爪のダメージが酷い場合は保湿をしてジェルをお休みした方がいいかもしれません。

ページトップへ