『LOOPER/ルーパー』公開記念OKWave特別企画 LOOPER

2013.1.12 ROADSHOW

Q&A特集"30年後"どうなっている?

回答者5名様にオリジナルグッズプレゼント!

 

“現代の自分”(ジョセフ・ゴードン=レヴォット)VS“未来の自分”(ブルース・ウィリス)

 

暗殺ターゲットが「30年後の自分」だったとしたら?誰も考えたことのない、新たなタイムトラベル・シチュエーションを携えたSF映画。それが『LOOPER/ルーパー』だ。時空を超えて未来から来る標的を始末する暗殺者“ルーパー”。彼らはどんなターゲットも必ず消さなければならない。たとえそれが「自分」だったとしても。失敗は自身の死を意味するのだ。主人公のルーパー、ジョーを演じるのは、『インセプション』『ダークナイト ライジング』の演技で最注目株の若手俳優、ジョセフ・ゴードン=レヴィット。30年後のジョーを演じるのは、もはや何の説明もいらないブルース・ウィリス。実力派ふたりが、<自分>VS<自分>として対する。息をのむアクション、たたみかけるスリル、どんでん返しに次ぐどんでん返しの先に待ち受ける、驚愕の結末。2013年の始まりに相応しい大作がいよいよ公開される!

 

ルーパー:未来の犯罪者を消す職業標的は必ず消す。30年後の自分であっても

 

近未来。タイムマシンは開発されていたが、その使用は禁じられ、犯罪組織のみが悪用していた。彼らは、証拠を残さず敵を消し去りたいとき、30年前に転送する。“ルーパー”と呼ばれる暗殺者の元へ。凄腕ルーパー、ジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の元にターゲットの抹殺指令が入る。それは、いつも通りの単純な仕事のはずだった。だが、送られてきたのは“30年後の自分”(ブルース・ウィリス)。引き金を引くことを躊躇ったジョーの不意をつき、未来から来た“自分”は街へと消えていく。「奴を殺さなければ、自分が消される!」必死に追跡する現代のジョー。ようやく未来の“自分”を追い詰めたとき、彼がこの時代へ来た、驚くべき理由が明かされる。男が過去にまで来て変えようとしているものとは?

 

『LOOPER/ルーパー』2013年1月12日(土)より
丸の内ルーブル他全国ロードショー

(c)2012 LOOPER DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

LOOPERワンシーン

LOOPERワンシーン

LOOPERワンシーン

LOOPERワンシーン

ソーシャルハウツーコミュニティ「OKGuide」でLOOPERの見どころをチェックしよう!

『LOOPER/ルーパー』は、未来から来る犯罪者を始末する暗殺者“LOOPER”の 今回の標的が「30年後の自分」だった、ということから起きるSFアクション映画です。 ここでOKWaveユーザーの皆さんに質問です!もし「30年後の自分」に会えたとして、 1つだけ質問できるとしたら何を聞きますか?

回答者5名様にLOOPERオリジナル・メモをプレゼント!

【プレゼント企画参加方法】

  • ・回答投稿にはOKWave会員登録が必要です(登録・利用無料)
  • ・投稿数が多数の場合には抽選とさせていただきます。
  • ・プレゼントは質問締切後、抽選を行い、当選者の方のOKWave登録メールアドレスに当選通知と
    プレゼント送付先を確認するメールをお送りします。

回答する