『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』公開記念OKWave特別企画

「人生の選択」Q&A特集&試写会ご招待/プレゼント

2014年10月11日(土)新宿バルト9 梅田ブルク7 他ロードショー

世界34か国で愛されるベストセラーをクロエ・グレース・モレッツ主演で映画化

主人公は17歳の高校生ミア。彼女はいま、人生最大の分かれ道に立っている。生か、死か。選ぶのは彼女自身。
交通事故で家族を一度に失い、彼女自身も昏睡状態にあるという状況の中、思い出されるのはこれまで生きてきた17年の人生。そして、そうとは気づかずに手にしていたたくさんの幸せ。でも、溢れるばかりの愛情を注いでくれた両親も、可愛くて仕方がなかった小さな弟も、この世にはもういない。生きていくには、あまりにも辛すぎる現実だった…。
原作は世界34か国で愛されるベストセラー小説。主演には『キック・アス』のヒット・ガール役や『ダーク・シャドウ』等で大人気のクロエ・グレース・モレッツ。17歳の等身大の人生は、そのまま見る人の人生に重なり、死を選ぼうとしている彼女に掛けられる言葉の一つ一つ、想いの一つ一つが自分のことのように胸を打つ。どちらを選んでも過酷な状況で彼女はいったいどちらを選ぶのか。その選択を知った時、あなたは溢れる涙を止められないだろう。

生きていくか、旅立つのか。17歳、ミアの生死の選択をめぐる感動の物語

ミア17歳、高校3年生。親友と呼び合える友達がいて、つきあい始めて1年の大好きなミュージシャンの彼氏がいる。将来の夢はチェロ奏者。今はジュリアード音楽院への入学をめざして猛練習中。
そんなミアを、ある雪の朝、突然の悲劇が襲った。一家が乗った車に対向車が突っ込み、ミアは一瞬にして家族を失ったのだ。病院のベッドの上、昏睡状態のミアの目に映ったものは、ベッドに横たわる自分の姿と幸せだったこれまでの人生、そして、彼女を死の淵から呼び戻そうとする人々の姿。「辛いなら頑張らなくてもいい」と言って泣いたおじいちゃんの涙。親友のキムと、看護師の制止を振りきって来てくれた最愛のアダム。彼らはミアに何を語り、ミアはそこに何を見るのか。事故から決断までの24時間が描かれる。

『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』

2014年10月11日(土)新宿バルト9 梅田ブルク7 他ロードショー

  • 監督:R・J・カトラー
  • 原作:『ミアの選択』(ゲイル・フォアマン・著、三辺律子・訳、小学館刊)
  • 出演:クロエ・グレース・モレッツ、ミレイユ・イーノス、ジョシュア・レナード、ジェイミー・ブラックリー、ステイシー・キーチ
  • 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • 公式サイト:http://www.ifistay.jp

© 2014 Warner Bros. Ent. and Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All rights Reserved.


イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所映画イメージ

イベントレポート

『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』の公開を前に、“涙活”特別試写会が開催された。

本イベントでは、1か月に2~3分だけでも能動的に涙を流すことによって心のデトックスを図る活動“涙活”を提唱する涙活プロデューサー・寺井広樹さんをゲストに、本作の涙活的見どころを紹介。

ここで、バブル時代から抜け出してきたような芸風で話題のお笑い芸人・平野ノラさんが登場し、「シーマ転がしてきました」「おったまげのぶっ飛び!」「まぶいっしょ」など、バブル期全開のトークで会場の笑いを誘った。

さらに、本作でミアとアダムが初デートをするシーンをバブル風にアテレコする芸を披露。ロマンティックなシーンがバブリーな吹き替えによって笑いの渦となってしまった。

平野ノラさんは本作を観て「私は『ハチ公物語』でしか泣いたことはなかったが、序盤から泣いてしまった」とコメント。また、ジェイミー・ブラックリー演じるアダムを理想の彼と絶賛。10年前に交際していたというバンドマンとのエピソードをアダムとミアの交際と比較してしていた。

涙活プロデューサー寺井さんはそんな平野ノラさんのテンションに押されながらも、試写会で映画鑑賞の前後で泣いた人の体重が最大800グラムの減量に成功していたというエピソードを披露。本作を女性だけでなく、男性にも観てほしい作品と薦めていた。

今作が、ミアの生死の選択を描いていることから、平野ノラさんは、ミアと同じ状況になった時に「さよなら」を選ぶか「ただいま」を選ぶか?という問いに「ただいまです!アッシーに迎えに来させます」と最後までバブリーに回答していた。

⇒「涙活」に関するOKWaveのQ&Aを見る


みんなの質問に回答して、OKWave会員30組60名様を『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』試写会にご招待

試写会概要

開催日時
2014年9月29日(月)開場:18:30、開映:19:00
会場
ワーナー・ブラザース映画 試写室
(東京都港区西新橋1-2-9 日比谷セントラルビル1F)
ご招待
30組60名様
応募方法
本企画は終了しました。
応募いただいた方には人生相談カテゴリの質問や下記の質問に回答いただきました。
質問:「生か死か?生きる選択を決断させるもの」⇒みんなの回答を見る
試写会に参加したOKWaveユーザーの感想の一部をご紹介!
  • ・現在が入れかわってでてくるので文字通り心が揺れる映画だと思った。(18歳・女性)
  • ・チェロの通奏低音のように、心に沁み込む作品であった。思っていた内容と違って、映像も演出も美しくて感動した。(68歳・男性)
  • ・家族の温かみや恋人の運命のようなもの。色々なことが分かった。(12歳・女性)
  • ・選曲がすき!歌がすごかった。良かった。(40歳・女性)
  • ・若い時の感情と生きる喜びを感じた素晴らしい作品です。(45歳・男性)

質問に回答して、クロエ・グレース・モレッツのサイン入りポスターをプレゼント!

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所

プレゼント概要

ミアとアダムを結びつけたのはチェロ(クラシック)とギター(ロック)の違いはあれど音楽。映画の中ではアダムを演じたジェイミー・ブラックリーが歌う楽曲も登場します。

皆さんにご質問ですが、「あなたの生きる活力になる音楽は何ですか?」

本質問の回答で「ありがとう」を一番多く獲得した方1名様に、主演クロエ・グレース・モレッツのサイン入り『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』ポスターをプレゼントします!


参加にあたっての注意点
・投稿するにはOKWave会員登録(無料)が必要です。
・プレゼントは質問締切後、抽選を行い、当選者の方のOKWave登録メールアドレスに当選通知とプレゼント送付先を確認するメールをお送りします。

※新しくなったOKWaveでは皆さんの回答に共感した方が「ありがとう」を贈ることができます。

※質問締切時点での「ありがとう」数をカウントします。
※OKWaveでの回答方法はこちらをご覧ください。

映画『イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所』をもっと楽しむQ&A!