OKWAVE

専門家が回答 教えて!失敗しないM&A

M&Aについて「乗っ取り」「経営不振による売却」などのネガティブなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。実は日本のM&Aのほとんどは中小企業による「友好的なM&A」です。M&Aにより、「後継者問題」や「事業領域の拡大」などの経営者様の課題を解決することができます。将来の不安を解決する手段として、M&Aを検討してみてはいかがでしょうか。

1.買収されたらどうなるの?

「買収される。」というと一般的には良いイメージをもたれる方は少ないと思います。皆さんが新聞やドラマで見聞きするようなM&Aでは悪い側面に焦点があてられるケースが多いためです。しかし、日本におけるM&Aのほとんどは中小企業が当事者であり、中小企業M&Aは大変友好的に進められるものです。M&Aで会社を「売却できた」ら、売った側にも当然メリットは大きいといえます。

気になる Q&A

2.どうする?会社の跡継ぎ問題

経営者として引退する時期を迎えるにあたり、親族や役員・社員に託すことが難しい場合、事業を「第三者に託す」という方法をとるケースが増加しています。清算によるコスト面のみならず「従業員の雇用」や「取引先との関係」の継続を考慮すれば、M&Aのメリットはかなり大きいといえます。

気になる Q&A

3.M&Aを成功させるポイント

M&Aはご自身の人生の集大成ともいえるイベント。ぜひとも成功させたいものですが、ほとんどの経営者の方にとって会社売却は初めてのことです。慎重になりすぎて問題を先送りしてしまうケースも多いので、まずはM&Aの専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

気になる Q&A

ページトップへ