特集 わたしたちのパソコン活用術
特集 わたしたちのパソコン活用術

新大学生のパソコンのお悩み5選。OKWAVEとプロが解決!

OKWAVE編集スタッフ × 専門家:柴 佑佳さん(元エンジニア)

3.デスクトップパソコンかノートパソコンか。

―ハイスペックなパソコンだとデスクトップパソコンの方が安いので、デスクトップパソコンが欲しいのですが、ノートパソコンの方がいいでしょうか?

一番大事なことは、「パソコンを持ち運ぶ必要があるかどうか」です。
「デスクトップパソコンで充分と思い購入したが、法学部は文献をみながらのレポート作成が必要になり、図書館へ持ち込めるノートパソコンを買うことになった。」「講義をノートパソコンでとっていたら、レポートを早くまとめることができた。」という体験談もあり、想定していなかったけどノートパソコンがあると便利だったという意見が多いようです。
とはいえ、大学生は趣味も大事。
ゲームや動画・写真編集など、処理に時間がかかるような作業をストレスなくやりたいのならデスクトップパソコンです。最低限の安いノートパソコンをサブ機として2台目にするものよいでしょう。

柴さん

まったく持ち歩かないのであれば、デスクトップパソコン1台に絞ってしまってもよいでしょう。外でも家でもゴリゴリ活用したい人にオススメしたいのは、自室にデスクトップパソコン用のモニタとマウス、キーボードを置いておき、家で使うときだけノートパソコンに接続する方法です。
作業性が良く、データがあちこちに散らからないので、デスクトップ画面にアイコンがごちゃごちゃしてしまう「片付け下手」な人でも安心です。

4.タブレットはノートパソコンの代わりにはならない。

―タブレットとノートパソコンで迷っています。デスクトップパソコンはあるので、タブレットで講義のノートをとって、家のパソコンでまとめるということを考えていますが、どうでしょうか。

タブレットは持ち運びが便利ですが、文字入力に時間がかかるので、メモには向いていません。外付けのキーボードを用意すれば、費用も重さもノートパソコンを超える場合もあります。講義を動画や写真で残すという使い方もできますが、ユーザーの経験談だと、「記憶に残らない」のだそう。講義のメモは、基本は筆記が多いようです。

柴さん

タブレットは情 報の受信に特化した端末です。ネット検索や閲覧には便利ですが、キーボードでの文章入力といった「アウトプット作業」には不向きです。どうしても記録を残して家のパソコンでまとめたいのであれば、筆記メモにボイスレコーダーを併用してみてはどうでしょうか。

ページトップへ