特集 わたしたちのパソコン活用術
特集 わたしたちのパソコン活用術

新社会人のパソコンのお悩み5選。OKWAVEとプロが解決!

OKWAVE編集スタッフ × 専門家:柴 佑佳さん(元エンジニア)
写真:柴 佑佳さん

内定が決まり、新社会人となる皆さんは、パソコンを仕事として使うのは初めてということもあり、ある程度のことを準備しておきたいと考えているようです。
今回は、OKWAVEに投稿された新社会人の、パソコンについてのよくあるお悩みをピックアップし、専門家の柴 佑佳さんに解説していただきました。

1.社会人だからといってパソコンを買い換える必要はなし!

―学生のときのパソコンを持っています。パソコンの寿命はどのくらいでしょうか。新社会人になるので買い替えを検討しています。

社会人になるからといって、無理にパソコンを買い換える必要はなく、今あるパソコンで充分です。仕事に必要なものであれば会社が支給しますし、会社によっては家に持ち帰ることを可としているところもあります。
パソコンの寿命は、個人の使用によるので一概には言えないのですが、OKWAVEのユーザーでは「安心して使えるのは3年」「海外モデルだと2、3年で買い替えを検討」との声があり、約4~5年で故障するという人が多いようです。
買い替えは故障してから検討でもいいのですが、一人暮らしのタイミングでの買い替えの検討はアリです。「引っ越し先の部屋がせまい」「デスクトップパソコンの荷造りが面倒なので実家に置いておきたい」「配属先がきまるまで各地を転々とする」等の理由で、新社会人になるにあたり、デスクトップパソコンからノートパソコンへ買い替えるようです。

柴さん

社会人になると、仕事で使うパソコンは会社から支給されます。仕事のデータを持ち帰って個人のパソコンで扱うのは(会社にもよりますが)情報漏えいのリスクもあるため、原則的には禁止されるはず。今のパソコンをそのまま使うことに不便を感じていないのであれば、仕事に備えて買い換える必要はないでしょう。

2.基本はプライベート用と仕事用で分けて検討。

―新社会人になります。パソコンを購入したいのですが、どのようなパソコンを選べばよいでしょうか。

まずは、会社から支給されるかどうかです。
セキュリティの面からいっても、支給する会社がほとんどです。その場合、ノートパソコンを買っても、家に置きっぱなしになります。
支給されなければ、個人パソコンを会社に持ち込むことになるので、持ち運び重視で「軽さ」「丈夫さ」がポイントになります。外で仕事をするのなら、バッテリーが持つ方がいいのですが、会社でしたら電源があるのでその点は考慮しなくてもよいでしょう。小さくて性能がよいパソコンは高額になってしまうので、持ち運びする仕事用パソコンはオフィスソフトがストレスなく起動できるレベルの最低限のスペックにして、プライベート用には別のパソコンを用意すると良いでしょう。
どちらにせよ、プライベート用のパソコンは持ち運びをしない前提となるので、デスクトップパソコン、または、大画面のノートパソコンを選択する場合が多いようです。
もちろん、社会人でこれから給料がもらえることもあり、プライベートでも仕事(持ち運び)でも使えるような、高スペックのパソコンを購入する人もいますが、まずは必要かどうか、入社後に検討してから購入した方がよいでしょう。

柴さん

仕事のデータも扱うのであれば、何よりも考えるべきなのはセキュリティ対策です。企業の情報が個人パソコンから漏えいすると、社会的な大問題になります。最新のセキュリティソフトは必ず入れておきましょう。
プライベートでの使用に限定するなら、思い切り趣味に走りましょう!デスクトップパソコンをプロジェクターにつないで、超大画面で映画やゲームを楽しむのもいいいですね!

NECのLAVIEが愛され続けるには理由がある。[PR]
詳しく見る
  • Hybrid ZERO
  • Hybrid Frista
  • Note Standard
  • Tab W
NECのLAVIEが愛され続けるには理由がある。 NECのLAVIEでいつもの体験をプレミアムに。

使うほど、いつもの毎日がプレミアムな体験に。

NECのLAVIEで、プレミアムな毎日を。
ページトップへ